沈黙が怖くなくなる!スナックで会話が盛り上がるネタ10選とタブーな話題

「スナックでお客様に話しかけるきっかけが見つからない…」
「会話が途切れた時すっごく気まずい…何か絶対盛り上がるネタを知っておきたいんだけど…」

スナックはカウンターでお客様と会話することが多く、シーンとしてしまうと気まずいですよね。

特に一人できているお客様は会話を求めていることが多く、話せないと「この子仕事ができないな」と思われてしまうかも!

そこで今回はスナックで会話が盛りやがりやすいねネタ10選とスナックでタブーとされる3つの話題を紹介します。

次の出勤から会話のネタに困ることはもうなくなるでしょう!

1.スナックで会話が盛り上がりやすいネタ10選

スナックで会話が盛り上がりやすいネタ10選を紹介します。

  1. 天気や気候について話す
  2. 今日何軒目か質問する
  3. 好きな食べ物について
  4. ドラマなど芸能ネタを振る
  5. お客様の見た目を褒める
  6. 出身地について話す
  7. 学生時代の話を聞く
  8. 旅行の思い出を語る
  9. 好きな異性のタイプについて話す
  10. 下ネタを話す

定番かつ万人受けしやすい話題なので、この10個は最低でも頭に入れておきましょう。

1つずつ紹介していきます。

(1)天気や気候について話す

スナックで会話が盛り上がりやすい1つ目のネタは天気や気候について話すことです。

天気や気候は万人に共通する話題であり、会話の切り口として最適とされています。

「今日寒かったですね〜!雪でも降るんですかね?」など、来店したばかりのお客様にとりあえず話しかける時に使ってみてください。

お客様も「寒いよね〜、もう冬だね」などと返してくれ、そこから徐々に会話が広がっていきます。

(2)今日何軒目か質問する

スナックで会話が盛り上がりやすい2つ目のネタは今日何軒目か質問することです。

お客様は居酒屋などで飲んだ後にスナックに立ち寄る人が多く、そこから「何食べたんですか?」などと話を広げやすくなります。

お酒を作る時に相手の酔い具合に合わせて濃さを調節する参考にもなるでしょう。

お客様が来店したら「今日は何軒目なんですか?」と聞いてみましょう。

(3)好きな食べ物について

スナックで会話が盛り上がりやすい3つ目のネタは好きな食べ物についてです。

食べ物ネタは水商売の世界では鉄板ネタ、食事は誰でも取るので比較的広げやすい話題。

「私お肉が大好きなんですよ!〇〇さんは何が好きですか?」と質問し、相手の好きな食べ物を聞けたらおすすめのお店を聞くなどして盛り上げましょう。

食べ物の話は誰でも話が広げやすいのでおすすめです。

(4)ドラマなど芸能ネタを振る

スナックで会話が盛り上がりやすい4つ目のネタはドラマなど芸能ネタを振ることです。

テレビをよくみているお客様ならドラマについて語ると喜びますし、芸能人の話題は誰でも耳にはしています。

「最近ドラマ見てますか?」とか「あの俳優の不倫びっくりしました〜」などと話を振ってみましょう。

テレビを見て芸能ネタなどを抑えておくと良いですね。

(5)お客様の見た目を褒める

スナックで会話が盛り上がりやすい5つ目のネタはお客様の見た目を褒めることです。

褒められて悪い気がする人はいないので、相手を良い気分にさせることができます。

例えば「目が綺麗ですね!」とか「その時計かっこいいですね!」など目についたものを褒めてあげれば良いんです。

会話に困ったらお客様の見た目について褒めてあげましょう。

(6)出身地について話す

スナックで会話が盛り上がりやすい6つ目のネタは出身地について話すことです。

地元ネタは飲み屋さんでも定番のネタで、誰でも盛り上がれる話題の1つ。

「〇〇さんってどこ出身なんですか?」と問いかけ、相手が答えたら「今度旅行で行きたいんですけど、おすすめの食べ物とかスポットあります?」と話をつなげやすいです。

初めてのお客様にも振りやすいネタなので鉄板として持っておきましょう。

(7)学生時代の話を聞く

スナックで会話が盛り上がりやすい7つ目のネタは学生時代の話を聞くことです。

誰でも学生時代の思い出の1つや2つはありますし、相手が乗ってこなければ自分の話を聞いて貰えばOK。

「何部でした?」と部活の話をしたり「修学旅行どこ行きました?」など思い出話をしてもらうように誘導しましょう。

学生時代の思い出話も使えるネタとして覚えておくと良いですよ。

(8)旅行の思い出を語る

スナックで会話が盛り上がりやすい8つ目のネタは旅行の思い出を語ることです。

長期旅行の後などは旅に出た人も多いので、自分の旅行話からお客様の観光の話を引き出すと良いでしょう。

旅先の写真を見せ合うなどすれば会話も長時間もちますし、お客様も旅行を思い出して楽しい気持ちになってくれます。

お盆や正月のあとは旅行の話を振ってみましょう。

(9)好きな異性のタイプについて話す

スナックで会話が盛り上がりやすい9つ目のネタは好きな異性のタイプについて話すことです。

いわゆる恋バナはスナックに来る男の人は大好きですし、うまく使えばお客様の気分を盛り上げることができます。

例えば「私は〇〇な人がタイプなんですよ〜。☆☆さんはどんな人が好きですか?」と聞いてみて、相手が答えたら「え?私ですか〜?」なんて冗談を言うと盛り上がりますよ。

自分やお客様のタイプについて話し、過去の恋愛経験を聞くのも良いでしょう。

(10)下ネタを話す

スナックで会話が盛り上がりやすい10個目のネタは下ネタを話すことです。

多少お酒が入っている場では下ネタは盛り上がりやすく、また男性の食いつきも良いでしょう。

イメージとしては小学生の男子がよく言うような軽い下ネタ程度。

お客様から下ネタを振られたら軽くノれる程度の耐性はつけておきたいものです。

2.スナックでタブーとされる3つの話題

スナックでタブーとされる3つの話題を紹介します。

  1. 政治
  2. 宗教
  3. 野球

意見の衝突が生じやすく、飲み屋の場を壊すとして避けるべきネタです。

1つずつ詳細に解説します。

(1)政治

スナックでタブーとされる1つ目の話題は政治についてです。

政治はそれぞれの信条があり、飲み屋さんでは揉めやすい話題なので避けるべき。

お互いの政治の考え方で熱くなって喧嘩になることもあるからです。

店側からは政治の話は振らないようにしましょう。

(2)宗教

スナックでタブーとされる2つ目の話題は宗教についてです。

人それぞれ宗教も違うので、特定の宗教を批判するような話は避けるべきでしょう。

熱狂的な信者が店にいると気分を悪くしたり、揉め事に発展しかねません。

宗教の話がお客様の間ででたら、さりげなく話題を変えてあげましょう。

(3)野球

スナックでタブーとされる3つ目の話題は野球についてです。

各チームに熱狂的なファンが多く、ライバルチームを敵対視しているような人もいます。

店内に人が少ないうちは許容範囲ですが、混んできたら野球の話はやめておいた方が良いかも。

特に他球団の批判が始まったら、他のネタを振ってあげてください。

まとめ

今回はスナックで盛り上がる会話ネタ10選とタブーな話題を紹介しました。

お客様と会話が続かず気まずい思いをしていた人も、この10個を覚えておけば間がもつようになるはずです。

会話の切り口さえ掴めば、お客様の受け答えに応じて話題を広げていくだけ。

お客様と話をする時緊張してしまう人はもっとフランクに構えて良いんです。

今回紹介した鉄板ネタ10個を覚えて、今日の出勤からお客様を会話で楽しませてあげてくださいね!

関連記事一覧