シャンパン通の憧れ!幻のシャンパン『サロン』が世界中で愛される理由とは?

「こだわりのシャンパンのサロンってどんなシャンパンなのかな?」
「幻のシャンパンサロンを飲んでみたいけど、いくらくらいするの?」

サロンは、希少価値が高く幻のシャンパンと呼ばれています。

本当に美味しいものを作りたいという作り手のこだわりが詰まったサロンは、市場に出回る機会も少ないため、見つけたら試してみたいシャンパンの一つです。

ここでは、そんなサロンの価格や特徴、サロンが愛される理由、サロンのセカンドラインであるデュラモットについて紹介します。

シャンパン好きなら魅力を感じずにはいられないサロンの魅力をお伝えします。

1.サロンとは

サロンとはウジェーヌ・エメ・サロンが作り出したシャンパンです。

作りてのこだわりが詰まったサロンは、商品として販売するためではなく最高のシャンパンを作りたいという熱い想いで作られたシャンパンなのです。

ここではサロンの歴史、サロンの価格、当たり年について紹介します。

(1)サロンの歴史

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

リズム芦屋店(@reizm_ashiya)がシェアした投稿

サロンは毛皮商であったウジェーヌ・エメ・サロンによって創業されました。

シャンパンをこよなく愛し、自らで最高のシャンパンを作りたいとル・メニル・シュール・オジェ村のシャルドネのみを使って、納得の行く高品質のブドウが採れた年のみリリースするというこだわりのシャンパンを作り出しました。

商品化することを目的に作っていたわけではありませんが、サロンの素晴らしさは瞬く間に伝わり、パリの一流レストランであるマキシム・ド・パリのハウスシャンパーニュに選ばれたのです。

美味しいシャンパンを作りたいという情熱が生み出した1本がサロンなのです。

(2)サロンの価格

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Rie Aoki(@rieppokun)がシェアした投稿

サロンのネットでの相場は、90,000円~100,000円程度が一般的です。

サロンの価格はヴィンテージといわれる生産年で決まります。

サロンは毎年必ずリリースされるのではなく、納得がいくブドウが作られた年のみリリースされているのです。

そのため、その生産年であるヴィンテージによって価格が大きく変わり、80,000円代から180,000円ほどのものまで様々です。

高級シャンパンのサロンですが、こだわりの詰まった1本なので価格にも納得ですね。

有名シャンパンの価格っていくらくらい?と気になった方はこの記事で紹介しているので参考にしてください。

日常使いから最高級まで!気になる有名シャンパンの値段とは?

2020.11.10

(3)サロンの当たり年とは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Lena(@lena_holic)がシェアした投稿

サロンは100年間で37ヴィンテージのみしか生産されていません。

単一の畑で、同じ年に収穫されたシャルドネ種のブドウだけで作られ、ブドウの当たり年にだけ製造されているため流通量も少ないのです。

サロンのヴィンテージ製造年
1921、1925、1928、1934、1937、1942、1943、1946、1947、1948、1949、1951、1953、1955、1956、1959、1961、1964、1966、1969、1971、1973、1976、1979、1982、1983、1985、1988、1990、1995、1996、1997、1999、2002、2004、2006、2007、2008

ヴィンテージの中でも当たり年と言われているのは1996年ヴィンテージです。

1996年は、サロン史上最高と称されるほどの優れた仕上がりで価格も高額な上流通量も少ないので幻の1本となっています。

専門家からの評価もかなり高く、フランスのワイン専門誌「クラスマン2007」で20点満点採点で19点を獲得し、ワインの買い付けに大きな影響力を持つパーカーポイントでは97点を獲得しています。

希少価値の高い幻の1本である1996年ヴィンテージサロンは、シャンパン通なら是非味わってみたいものですね。

2.サロンが愛される3つの理由

サロンが世界中で愛されてやまないのには理由があります。

数あるシャンパーニュメゾンの中でもサロンは、唯一無二の存在感を放っているのです。

そんなサロンが愛される理由を紹介します。

  1. 作り手のこだわりが詰まっている
  2. 市場に出回る数が少なく希少性が高い
  3. 長期熟成の奥深い風味がある

幻のシャンパンと呼ばれるサロンの魅力を知ればもっとシャンパンが好きになりますよ。

(1)作り手のこだわりが詰まっている

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Champagne Everything(@champagne_everything)がシェアした投稿

サロンが愛される理由は、単一クリュ、単一品種、単一ヴィンテージという徹底したこだわりのもとに作られているからです。

つまり単一の畑で、同じ年に収穫されたシャルドネ種のブドウだけで作られているのです。

一般的なシャンパンはその年のブドウの収穫が不作でも、他の良い年のワインをいくつかブレンドして仕込むことが多いのですが、サロンは最高のシャルドネができた年のシャンパンをリリースしています。

シャンパンを愛してやまない作り手のこだわりを感じられるからこそ、サロンは愛されているのです。

(2)市場に出回る数が少なく希少性が高い

サロンが愛される理由は、市場に出回る数が少なく希少性が高いからです。

単一品種を使い熟成に10年間以上かけるサロンのシャンパンが年間に5万本程度しか生産されません。

このうち9割はセラーに保存されるか、高級レストランに卸されるので、一般に流通するのは5000本程度だと言われています。

そのためサロンは希少性が高く、幻のシャンパンと呼ばれているのです。

(3)長期熟成の奥深い風味がある

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@pa.trick_seanがシェアした投稿

サロンが愛される理由は、長期熟成で奥深い風味を感じることができるからです。

通常のヴィンテージシャンパンでも法律で3年間の瓶内熟成をすることが義務化されているのですが、サロンでは最低10年の瓶内熟成を行っています。

また、シャルドネにはマロラクティック醗酵という製法で味に丸みを出すこともあるのですが、サロンではこの方法を用いずブドウが本来持っている味わいを長い時間をかけて引き出す製法をとっています。

ブドウの収穫から10年以上かけてリリースされるサロンは、長期熟成ならではの奥深く芳醇な味わいを感じることができるのです。

シャンパンを楽しむならスマートな開け方を知っておきたいですね。この記事ではシャンパンの開け方について紹介しています。

できないと恥ずかしい!失敗しないシャンパンの開け方と注ぎ方とは?

2020.11.08

3.サロンのセカンドライン『デュラモット』とは

デュラモットはサロンの姉妹メゾンです。

サロンがリリースされない年に収穫されたサロン用のブドウを使って、サロンのチームが作っているのがこのデュラモットなのです。

デュラモットには5種類のラインナップがあります。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

katsumi_yamauchi(@yamauchi_katsumi)がシェアした投稿

商品名 インターネットでの価格
デュラモット ブリュット 約4,000円
デュラモット ブリュット ロゼ 約8,000円
デュラモット ブリュット ブランドブラン 約6,000円
デュラモット ブリュット ブランドブランミレジメ 約9,000円
デュラモット コレクション 約40,000円

「サロンを味わって見たいけどなかなか手に入らない」という方はこのデュラモットを試してみることをおすすめします。

また、普段遣いに気軽に飲めるシャンパンはこの記事で紹介しています。

シャンパンをもっと気軽に!おすすめのシャンパン9選と選び方のポイント

2020.11.09

まとめ

サロンはその希少性から幻のシャンパンと呼ばれています。

作り手のこだわりを感じるサロンは、シャンパン好きならいつかは味わってみたい1本ですね。

シャンパンを味わうときは、歴史や背景を知るとさらに味わい深く感じることができるでしょう。

幻のシャンパンサロンを是非楽しんで下さい。

関連記事一覧