ホステスの平均年収はいくら?給料の仕組みと収入を上げる3つの方法

「ホステスの平均的な年収ってどのくらいなの?」
「ホステスの給与面の仕組みってどうなっているの?」

ホステスとして働くことを検討している人の中には、給料に関して気になっている人も多いのではないでしょうか。

ホステスはきらびやかで給料が高いイメージがあるかもしれませんが、実は働き方によって収入に差があるのです!

本記事では、ホステスの平均年収や給料の仕組み、給与面の落とし穴について紹介します。

この記事を読めば、収入面に納得してホステスになることができますよ!

1.ホステスの平均年収

ホステスの平均年収

ホステスの平均年収を紹介します。

ホステスは以下の2種類によって収入が異なるのです。

  1. ヘルプホステス
  2. レギュラーホステス

それぞれの働き方ごとに紹介するので、自分が働くときの給料の目安にしてください。

(1)ヘルプホステス

ヘルプホステス

ヘルプホステスは、自分の顧客を持っておらず、レギュラーホステスのヘルプとして働くホステスのことです。

新人ホステスはヘルプホステスからスタートし、顧客を獲得できればレギュラーホステスとして働くことができます。

ヘルプホステスは一般的に日給制の場合が多く、最低ラインは2万円、銀座や六本木などの高級クラブは3万円程度が相場です。

仮に日給額を2万円、週に5日(月20日)勤務したとすると、月収は40万円、年収は480万円になります。

勤務回数によって年収は左右されるので、一概に平均年収を断定できませんが、およそ400~500万円と想定しておきましょう。

なお、容姿や年齢によって給料が上乗せされることがあるので、面接時に給与面は確認しておくことをおすすめします。

(2)レギュラーホステス

レギュラーホステス

レギュラーホステスとは、出勤日数が多く自分の顧客を抱えているホステスのことです。

自分の顧客を抱え店の売上げに貢献できるようになると、自分の売上げが給料に反映されるようになるので、固定報酬に給料が上乗せされます。

売上げの反映次第で年収は変わるので、レギュラーホステスになりたての人は500万円前後、太客を獲得できれば、月収100万円以上、年収1,000万円以上稼ぐこともできるでしょう。

2.ホステスの給料の仕組み

ホステスの給料の仕組み

ホステスの給料の仕組みを紹介します。

ホステスは基本的に日給制を採用している店が多いです。

ヘルプホステスは決められた固定給が支払われ、レギュラーホステスは売上げによってバックが発生します。

ノルマを達成すれば、ヘルプでも給料を上げることができるので、自分のできる範囲でお店の売上げに貢献しましょう。

また、中には時給制を採用している店もあり、時給2,000円~3,000円が一般的です。

日給制にすると労働時間が固定され、学生や副業勤務を希望している人は働きにくくなるので、グループ経営の店や年齢が若い人材を積極的に採用している店は、人材を集めやすくするために時給制を採用している傾向があります。

時給が5,000円以上する店もあるので、面接する店を決めるときに給料体系は確認しておきましょう。

3.ホステスの給与面の落とし穴

ホステスの給与面の落とし穴

ホステスの給料は一般的なサラリーマンに比べて高いですが、思わぬ落とし穴があります。

ホステスは収入が良い反面、業務に必要な経費がかかるのです。

たとえば、ヘアメイクをしてもらうための出勤前の美容室代や美しい身体を維持するためのエステ、ドレスなどの衣装代が挙げられます。

営業用の携帯を持つ人もいるので、年収は高いが支出と差し引きすると一般のサラリーマンと手取りが変わらないと言えるでしょう。

4.ホステスの収入を上げる3つの方法

ホステスの収入を上げる3つの方法

ホステスの収入を上げる方法を紹介します。

収入アップの主な方法は以下の3つです。

  1. 責任者に気に入られる
  2. 給料が高い店に移る
  3. チップをもらう

順に紹介するので、ホステスデビューをした後に少しでも多く給料をもらいたい人は参考にしてください。

(1)責任者に気に入られる

責任者に気に入られる

給料を上げるためのポイントは、責任者に気に入られることです。

単に責任者に媚を売って人として気に入られるのではなく、仕事に対するひた向きな姿勢を見せましょう。

たとえば、接客スキルを上げるために責任者や先輩から積極的にアドバイスをもらったり、積極的にシフトに入ったりすることで、責任者に対してやる気を見せることができます。

責任者も人間なので、頑張っている人には相応の報酬を与えたくなるものです。

ただお金を稼ぐために働くのではなく、お店のために頑張る姿勢を見せることで、給料面で責任者に相談しやすくなりますよ。

(2)給料が高い店に移る

給料が高い店に移る

責任者に相談しても給料が思うように上がらない場合は、給料が高い店に移るのもポイントの1つです。

ホステスは支出額が大きいので給料面に不満があるのであれば、1つの店に固執せずに働く店を変えましょう。

移る店を選ぶときは単純に時給や日給で比べるのではなく、昇給制度に着目することをおすすめします。

時給や日給が高くてもなかなか昇給されずに、長く続けても収入が増えないケースが考えられるのです。

なお、責任者に退職の意思を伝えたときに、辞める理由を聞かれたら正直に給料面に不満があることを述べましょう。

もし、お店側が必要としてくれるのであれば、給料面を見直してもらえる可能性があります。

働く側にも主張する権利があるので、給料で悩んでいるならば素直に打ち明けましょう。

(3)チップをもらう

チップをもらう

お客さんからチップをもらうことで給料を上げることが可能です。

丁寧な接客を心がけていると、お客さんからチップやプレゼントをもらうことがあります。

チップの額やプレゼントの中身はお客さんやお店の料金次第ですが、1万円札でチップを払ってくれるお客さんもいます。

チップやプレゼントはお客さんの期待の表れでもあるので、もらった分はしっかり接客でお返ししましょう。

5.ホステスになる方法

ホステスになる方法

ホステスになるには、スタッフを募集している店を見つけて自分で応募しましょう。

募集状況は、夜のお店専門の求人誌やWebサイトでチェックすることができます。

応募するときは、以下の募集内容を確認しておきましょう。

チェックすべき募集内容

  • 年齢制限
  • 給料体系
  • 出勤回数

年齢制限はなく何歳からでもホステスになれますが、店によって募集制限が設けられていることがあります。

また、どのくらいの収入が見込めるのか、希望通り働けるのかなど、労働条件を確認しておきましょう。

ある程度の容姿は求められますが、学歴も必要なく基本的には誰でもなることができるので、ホステスに興味がある人は挑戦してみましょう!

まとめ

ホステスはサラリーマンに比べると平均年収は高いと言えます。

一方で、美容室代やエステなど美容関連の支出も多いので、一概にホステスになれば稼ぐことができるわけではありません。

満足のいく年収をもらうためには、日ごろからひた向きに努力し、責任者やお客さんから認められることが重要です。

努力次第でいくらでも年収を上げることができるので、やる気に満ち溢れた人はホステスに挑戦してみてください!

関連記事一覧