ホステスの会話術の基礎とは?人気が出るための5つの会話テクニック

「人気のホステスになるために会話で何に気をつければいいの?」
「ホステスの基本的な会話術って何があるの?」

ホステスとして働き始めたはよいものの、お客さんとどのような会話をすればよいのか迷っている人も多いのではないでしょうか。

人気のホステスになるためには高度な会話術が求められますが、実は新人ホステスでも意識1つで人気ホステスのような会話を展開することができるのです!

本記事では、ホステスの基本的な会話術や人気のホステスになるための会話術を紹介します。

この記事を読めば、自信を持ってお客さんの接客ができるようになりますよ!

1.ホステスの基本的な会話術5選

ホステスの基本的な会話術5選

ホステスとして身につけておくべき会話術を紹介します。

今回紹介する基本的な会話術は以下の5つです。

  1. ネガティブな話をしない
  2. 相手を否定しない
  3. 話の主導権は相手に持たせる
  4. 自分の話は聞かれたときにする
  5. 敬語を使う

順に紹介するので、これらの会話が自然にできているか確認しましょう!

(1)ネガティブな話をしない

ネガティブな話をしない

ネガティブな話題を避けるのは基本です。

自虐ネタによって、親近感を持たせて相手との距離を縮めることは可能ですが、お客さんは楽しい時間を求めて来店しているので、場の空気を悪くしてしまいます。

励ましの言葉をかけてくれるお客さんもいるかもしれませんが、ストレスを発散するために来店している人は面倒ごとを避けて、次回以降指名を避ける可能性が高くなるでしょう。

特に最初の接客の印象はお客さんの中でイメージとして定着してしまうので、太客になるまでは自虐ネタは避けるのが無難です。

暗い話題のときは、表情も曇りがちなので、表情にも注意しましょう!

(2)相手を否定しない

相手を否定しない

ホステスに限らず、接客の立場で相手を否定することは避けましょう。

人によって価値観は異なるので、お客さんの意見が自分と食い違うことはよくあります。

しかし、ホステスはお客さんに楽しい時間を提供することが求められるので、わざわざ相手の機嫌を損ねるような発言をする必要はありません。

大切なのは相手の意見を受け入れて、話の腰を折らないように上手く話題を展開することです。

話の展開例①

(客)「妻から休みの日くらい掃除機かけてよって言われたけど、休みの日くらいゆっくりさせてくれって言ったらひどく怒られたよ」

(ホステス)「そんなことがあったんですね。確かに奥さんの気持ちも分かりますけど、仕事がない日はゆっくりしたいですよね。」

話の展開例②

(客)「妻から休みの日くらい掃除機かけてよって言われたけど、休みの日くらいゆっくりさせてくれって言ったらひどく怒られたよ。君もそう思う?」

(ホステス)「そんなことがあったんですね。実は主婦も毎日掃除や洗濯など家事で忙しい日を過ごしているんですよ?○○さんのように休みの日くらいゆっくりしたいと思う気持ちは理解できるので毎週は難しいかもしれませんが、月に1日だけでも家事を手伝うと奥さんは喜んでくれるんじゃないでしょうか。」

会話のポイントは相手の意見を肯定することです。

お客さんに意見を求められたら、展開例②のように相手の機嫌を損ねないように自分の意見を述べましょう!

(3)話の主導権は相手に持たせる

話の主導権は相手に持たせる

会話の主導権をお客さんに持たせるのが一般的です。

ホステスの話を聞きに来るよりも、自分の話を聞いて欲しくて来店する人が多い傾向があります。

ホステスとお客さんの会話の割合は、2:8もしくは3:7が理想的とされているので、話の主役はお客さんであることを意識することが重要です。

もし、お客さんから話の主導権を譲られたら、お客さんに多く話してもらえるように、質問を多めにして会話の主導権をお客さんに渡しましょう。

(4)自分の話は聞かれたときにする

自分の話は聞かれたときにする

話の主導権をお客さんに持たせることが重要なので、自分の話は相手から振られたときだけに留めておきましょう。

お客さんを差し置いて、自分の話ばかりするホステスはお客さんから敬遠される傾向があります。

お客さんの意見と同じだと思わず同調してしまいがちですが、あえて気持ちを抑えることも大切です。

自分の話を聞かれても、相手の意見を反故にするような話題は控えましょう。

(5)敬語を使う

敬語を使う

ホステスはくだけた話し方を避け、

上品な敬語を使うことが求められます。

ホステスに会いに来るお客さんはキャバクラの客層とは異なり、年齢層が高く社会的地位を築いている人が多いです。

くだけた話し方で若い女性と恋人気分を味わいたい人もいるかもしれませんが、敬語を使いこなしている礼儀正しい女性の方が好まれます。

接待の席で指名をもらうためには、お客さんに不快な思いをさせないような言葉選びができるようになりましょう。

2.人気のホステスになるための5つの会話術

人気のホステスになるための5つの会話術

人気ホステスになるための会話テクニックを紹介します。

今回紹介する会話術は以下の5つです。

  1. 労いの言葉を交える
  2. 相手の自慢ポイントをオウム返しする
  3. 仕草など間接的に褒める
  4. 相手の言葉に疑問を持つ
  5. オーバーリアクションをする

順に紹介するので、意識して取り組んでみましょう!

(1)労いの言葉を交える

労いの言葉を交える

感謝の気持ちに労いの言葉を添えるのは効果的です。

男性は女性に比べて単純で、感謝されたり褒められたりすると自然と気持ちが高まる傾向があります。

来店と同時に、「お越しいただきありがとうございます。本日のお勤めお疲れ様でした。」のように、感謝と労いをセットにすることがポイントです。

自分の給料はお客さんからもらっているという意識で、感謝と労いの気持ちを持って丁寧に接しましょう。

(2)相手の自慢ポイントをオウム返しする

相手の自慢ポイントをオウム返しする

相手の自慢ポイントを探ってオウム返しをしましょう。

一般的にはバックトラッキングと呼ばれ、相手の発言をそのまま言い返すことで、話し手にしっかり話を聞いていることをアピールすることができます。

ただし、単純に相手の発言をオウム返しするのではなく、相手が一番聞いて欲しい部分を見つけることが重要です。

たとえば、お客さんが「この前芸能人の○○さんと知り合いになって、今度食事をすることになったんだ」と発言したとします。

この中でお客さんが一番自慢したいと思われるポイントは、○○という芸能人と知り合いになったことと推測できるでしょう。

したがって、「ほんとですか!?○○さんと知り合いになったんですか!?」のように、相手が一番聞いて欲しいポイントを繰り返しましょう。

(3)仕草など間接的に褒める

仕草など間接的に褒める

人気のホステスはお客さんを直接褒めずに、間接的に褒める特徴があります。

外見を褒めるよりも、「○○さんって、グラスを大切にするように優しく持ちますね」のように、相手の仕草を褒めると効果的です。

直接外見を褒めることも大切ですが、足を運んでもらう度に直接褒めていては、内容が薄く感じ「そこだけしか褒めるところはないのか」と思われても仕方がありません。

仕草などから間接的に褒めることによって、褒めている内容は同じでも褒め方のバリエーションを増やすことができます。

いきなり幅広く褒めようとすると難しいので、まずは話し方や手の動きに着目してみましょう。

(4)相手の言葉に疑問を持つ

相手の言葉に疑問を持つ

会話を幅広く展開するために、相手の言葉に「なぜ~だろう?」と疑問を持つことがポイントです。

お客さんが話す内容に対して、「それはなぜですか?」と問いかけることによって、お客さんに話の主導権を握らせたまま、自然な流れで話を展開できます。

理由を尋ねることによって、お客さんがホステスに物事を教えてあげるという構図が完成し、お客さんに優越感を持たせることが可能です。

優越感を持ったお客さんは気分よくお酒を嗜むことができ、ホステスも会話についていくために情報を積極的に仕入れる必要がなくなります。

ホステスとお客さんの両者が気持ちよく会話をするためのポイントなので、お客さんの話の腰を折らない程度に、理由を聞いて話を展開しましょう。

なお、毎回同じパターンで理由を聞くと相手は冷めてしまうので、以下のようなパターンを複数用意しておくことをおすすめします。

疑問を尋ねるパターン

  • それはなぜですか?
  • なぜ、そのようなことになったのですか?
  • ○○さんは、そうなった原因は何だと感じてますか?

(5)オーバーリアクションをする

オーバーリアクションをする

日ごろからオーバーリアクションを意識することが重要です。

自分ではお客さんの話に合わせてリアクションしているつもりでも、意外と表情や仕草に出ていないことがあります。

相手が無反応と感じてしまえば、リアクションをしているとは言えないので、常にオーバーリアクションを意識して話を聞くことがポイントです。

たとえば、驚くリアクションをするときは、眼を見開いたり手を口元に運んだりして、表情やジェスチャーを交えると意図が伝わりやすくなります。

オーバーリアクションをすることで、相手は気持ちよく話をしてくれるため、大げさにリアクションをとりましょう。

まとめ

ホステスをする上で押さえておくべき会話術が存在します。

新人でも意識するだけでできるようになるので、常に会話をするときに心掛けることが重要です。

今回紹介した5つの会話術を参考にして、自信を持って接客できるようになりましょう。

関連記事一覧