• HOME
  • コラム
  • 副業
  • パパ活で脱税になるかも!税金を支払わないと行けないパパ活のケースとは?

パパ活で脱税になるかも!税金を支払わないと行けないパパ活のケースとは?

「パパ活で脱税になるって本当?現金ならバレない?」
「いくらもらったら確定申告しないといけないの?」

パパ活をする上で気になるのは税金の問題ですよね。

パパ活での収入は課税対象になるので、知らずしらずのうちに脱税しているなんてこともあり得るのです。

ここでは、税金を支払わないと行けないパパ活のケース、贈与税の対象となるプレゼント、税金を申告していないことがバレる3つのケースを紹介します。

パパ活をするなら最低限の税期の知識を持っておきましょう。

1.税金を支払わないといけないパパ活のケース

パパ活の収入に関する税金は『贈与税』と『所得税』の2つのケースがあり、どちらの場合も税金を収めないと脱税になるので注意しましょう。

  1. 【贈与税】年間110万円を超える収入やプレゼントがある場合
  2. 【所得税】年間20万円以上の所得がある場合

それぞれのケースを説明するので、パパ活女子はしっかり覚えておきましょう。

(1)【贈与税】年間110万円を超える収入やプレゼントがある場合

年間に110万円を超える収入やプレゼントがあった場合は、贈与税の対象になります。

贈与税とは、個人から財産をもらったときにかかる税金のことです。

財産は現金だけではなく、マンションや高級時計などのプレゼントも含まれているので注意しましょう。

つまり、年間110万円以上、男性からデートの報酬として現金をもらったり、高額なプレゼントを買ってもらった場合は税金を支払わないといけないということになります

この場合の110万円は贈与された金額の合算のことなので、例えば、パパAから年間50万円、パパBから年間60万円贈与された場合も課税対象になります。

年間110万円というと、月9万円程度の贈与ということになるので、パパ活で稼いでいる女性の大半が課税対象になることになりますね。

110万円を超える贈与がある人は、確定申告をしなくてはなりません

会社で働きながらパパ活をしている場合、贈与税を申告しても会社に知られる可能性はないので安心してくださいね。

(2)【所得税】年間20万円以上の所得がある場合

副業としてパパ活をしている場合、年間20万円上の所得があった場合は所得税の対象になります。

所得税とは、自分で稼いだお金に対してかかってくる税金のことです。

『パパの会社から、秘書という名目で給与を受け取っている』『パパの会社から、個人事業主として報酬を受け取っている』などのように、給与として金銭を受け取っている場合は所得税がかかってきます。

パパが会社経営をしている場合は、節税目的で給与としてパパ活費用を支払っている場合もあるので、パパに確認しておく必要がありますね。

年間20万円以上の副業収入がある場合も、確定申告をする必要があります。

この場合、確定申告をすると副業分の住民税が加算されて通知されるため会社に副業していることがバレてしまう可能性があります。

会社に副業がバレたくないのなら、確定申告の際に住民税の徴収方法を『自分で納付』にしましょう。

そうすれば自宅に通知が届くので住民税から副業がばれることはありません。

2.贈与税の対象となるプレゼントとは

パパ活で脱税になるのは、贈与税によるものが多いです。

しかし、パパからプレゼントを受け取っても常識の範囲内であれば、非課税になることもあります。

『個人から受ける香典、花輪代、年末年始の贈答、祝物又は見舞いなどのための金品で、社会通念上相当と認められるもの』は贈与税がかからないと明言されています。

つまり、食事代やデート中に買ってもらった洋服やアクセサリーでも常識の範囲内であったら贈与税がかからないということになります。

パパ活では高額なプレゼントをもらうケースも多いので、その場合は贈与税の対象となってしまいます。

パパ活で贈与税の対象となる可能性のあるプレゼント
  • マンションなどの不動産
  • 高級時計
  • 高価なアクセサリーやバッグ

このような高価なプレゼントをもらった場合は贈与税の対象となるので、年間110万円を超えないように注意しましょう。

なお、パパ活で犯罪になるケースについてはこの記事でも紹介しているので参考にしてください。

知らなかったでは済まされない!パパ活で犯罪になる4つのケースとは?

2021.11.04

3.税金を申告していないことがバレる3つのケース

パパ活で税金を申告していないことがバレるのは、どんなケースなのでしょうか?

パパ活女子は税金の申告をしていないことも多く「みんな申告してないし、どうせバレないから大丈夫」と考えるのは危険です。

今後パパ活女子が増えていけば、税金の申告漏れが大きな問題となりいつ税務署に発覚するかわかりません。

ここでは、税金を申告していないことがバレる3つのケースを紹介します。

  1. 高額の銀行振り込みが続いている場合
  2. パパ側に税務調査が入った場合
  3. SNSに高額のプレゼントをアップしている場合

バレないから申告しないのではなく、きちんと申告し納税するという意識を持ちましょう。

(1)高額の銀行振り込みが続いている場合

高額の銀行振込や入金が続いている場合、税金を申告していないことがバレることがあります。

「現金でもらっていたらバレないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、現金で受け取っていたとしてもそのお金を銀行に入金すれば同じことですよね。

国税庁や税務署は銀行に申請することで、銀行の出入金記録を確認出来ることがあります。

高額な入金や振り込みが続いている場合は、脱税の疑いをかけられ調査される可能性があるのです。

(2)パパ側に税務調査が入った場合

パパ側に税務調査が入った場合、税金を申告していないことがバレる可能性があります。

パパが会社を経営しているなどで税務調査が入った場合、金銭の流れを調べられて女性に渡していたことが芋づる式にバレることもあるのです。

また、男性の会社から所得を得ている場合はマイナンバーで一括調査ができます。

給与を20万円以上受け取っているのに未申告だと、すぐに脱税を疑われてしまいます。

このようにパパ側がきっかけで女性側の未申告が発覚することがあるので注意が必要です。

(3)SNSに高額のプレゼントをアップしている場合

SNSに高額のプレゼントをアップしている場合、税金を申告していないことがバレる可能性があります。

同じようにTwitterなどで高額の収入を自慢している女性も注意が必要です。

匿名だからばバレないと思うでしょうが、税務署に目をつけられればすぐに個人情報を特定されてしまいます。

また、国税庁のホームページで課税・徴収漏れに関する情報の提供を求めているので、パパ活で稼いでるアピールをしていると報告されてしまう可能性もあるのです。

自慢したくなる気持ちはわかりますが、目立ったアピールは自分の身を滅ぼすことにつながるのでやめておきましょう。

なお、OLの副業についてはこの記事でも紹介しているので参考にしてください。

副業で理想の自分を手に入れたい!OLにおすすめの副業6選と副業のメリットとは?

2021.10.22

短期間で高収入も!OLにおすすめの夜の副業4選と副業するときの注意点とは?

2021.10.23

まとめ

パパ活をして収入を得るのなら、最低限の税金に関する知識を持っておかなければいけません。

「みんな申告していないから。」と脱税を続けていたらいつか税務署の調査が入り、多額の罰金を支払うことにもなりかねません。

パパ活女子が増えるにつれて、脱税は深刻な問題になっていくでしょう。

いつかバレるかもしれないと怯えながらパパ活をするのではなく、収入に応じた納税をするようにしましょうね。

あなたの月収はGoogleクラス?今すぐ手取りシミュレーターでチェック!

ホストクラブやキャバクラにお勤めのあなた!

「いったいいくら稼いだら希望の給料になるのかな…?」と思ったことはありませんか?

ChamChillの手取りシミュレーターがあなたのお悩みに答えます!

月々の売上の金額を入れてもらえれば、あなたの手取り金額とその金額がどれぐらいのレベルなのか計算できます!

ホストクラブ手取りシミュレーター

今すぐあなたも、ChamChillの手取りシミュレーターでチェックしてみましょう!

さっそく手取りをチェックする

関連記事一覧

シャンパンタワー比較屋さん

シャンパンタワー比較屋さん